古銭の価値を下げないための保管方法

古銭を高く売りたいのであれば、きれいな状態を保つことが大事なはずだと誰もが思うことでしょう。

保管時には以下の点に注意して保存しなければいけません。

記念硬貨やコインは空気に触れれば酸化して変色してしまいますし、他の古銭と一緒に入れておけば擦れてしまいます。紙幣は紫外線や湿気などで劣化してしまいますし、指で触れれば皮脂がついてしまい、そこから劣化することもあります。

-どんな古銭でも洗浄したら価値が上がるのでしょうか?-

見た目をよくするため、ピカピカに磨きあげたら、価値はもっと上がると思いますか?

実は、そうではないんです!! 古銭収集家の間では、「汚れも価値の一つ」と言われています。サビの出方や色までもが、古銭の持つ美しさの一つなのです。 無理にきれいにした結果、積み重なってきた歴史そのものが消えてしまい逆に古銭の価値を下げてしまいます。

また金貨は簡単にクリーニングできるものではなく、また、クリーニングの有無によってグレードが下がり、価格に影響を及ぼす場合もありますから、避けたほうが無難です。

近代硬貨については、表面を削ること自体が違法行為になってしまうので、絶対に削ったりしないでください。 古銭は、その保存方法、扱いによって価値が大きく変化してしまいますから、適切な管理を行なう必要があります。



67回の閲覧0件のコメント