• terada

収集家の人気の高さを誇る「天保五両判金」

最終更新: 2020年3月11日


江戸時代に多く流通していた大判・小判ですが、その中で唯一の五両としての額面をもつ小判です。 市中でも大いに使用されるものと期待されましたが、町ではほとんど流通せず、発行数も少なく抑えられました。(天保8~14年発行) そのため、現存する天保五両判金は稀少であり、状態のいいものが多いです。 金品位も慶長金と同じ84.22%と高く、製作技術の発達もあり見た目が美しい小判であるため、収集家からの人気が高い小判となります。


#天保五両判金 #収集家 #古銭

157回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた