• terada

小判の中でも高価値「慶長小判金」

最終更新: 2020年3月11日


江戸時代が始まった1601年(慶長6年)から約94年に渡って鋳造され続けた小判です。 江戸時代の始まりととも造られ、徳川家康の権力を全国に知らしめる役割も果たしたといえます。 慶長小判金は、慶長初期のものを前期、慶長後期から明暦の大火(1657)までを中期、明暦以降が後期と考えられ、前期・中期は細目、後期は粗目と推定し、細目:粗目の比率は、ほぼ7:3と後期の粗目の方が現存数は少なくなっています。 江戸時代はその後さまざまな小判が製造されるようになりますが、慶長小判のような大型で金品位の高い小判はあまり登場しなかったので、小判の中でも非常に価値が高くなります。

#慶長小判金 #古銭

50回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた