• terada

秀吉によって作られた我が国で最も古い大判

天正大判を作らせた豊臣秀吉といえば金が好きな武将として有名です。天正大判をはじめとしたほとんどの大判は貨幣としてではなく、武勲を挙げた物に対する恩賞を目的として鋳造されていました。

天正大判は、表面に「拾両 後藤」と墨書され、年号表記はありません。墨書きは安土・桃山の青蓮院流(徳川家では御家流と称され公文書の指定流派)の特徴をよく示しており、書としての美的完成度が高いです。また墨色・墨質は概して淡色・軽薄であり、慶長大判以降のものが濃色・重厚であるのとは著しく異なります。刻印も菱型枠のものではなく、上下左右1箇所ずつに丸枠の桐紋が用いられています。威光を示すために配られるのにふさわしく、女性の手の平ほどもある大判で、縦が17センチもあり現存する古金貨として世界最大級です。 天正長大判の品位は金730/その他270で、量目は約165g前後、枚数は約5万5000枚ほどが作られたとされています。



481回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた