世界で最も美しい銀貨幣 プレミア!岩手県記念銀貨幣

日本の地方自治法施行60周年を記念して各都道府県で記念貨幣が発行されました。

どの都道府県のコインかにより価値が変わってきますが、最もプレミア価格がつくのが、平成24年銘の岩手県千円銀貨です。(岩手は23年銘・24年銘2種類の千円銀貨があります)

元々、岩手県の千円銀貨は、平成23年に発行数100,000セットが発売されます。これは他の都道府県同様の定期発売のものでした。

そして、平成24年のものは追加販売されたもので発行数が、10,000セット。発行数からして希少なものになります。

これは、平成24年5月に開催された「MDCコイン・コンペティション」において、『最も美しい貨幣(Most Beautiful Coin)』賞を受賞したことを契機に追加販売されたものです。

平成23年銘と24年銘のものとで、大きな違いはありませんが、年銘が「平成24年」となっています。

発行数も少なく、また欲しい人達の手に入りにくかったためとびぬけて価値が高いものになっています。



12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

古銭の価値を下げないための保管方法

古銭を高く売りたいのであれば、きれいな状態を保つことが大事なはずだと誰もが思うことでしょう。 保管時には以下の点に注意して保存しなければいけません。 記念硬貨やコインは空気に触れれば酸化して変色してしまいますし、他の古銭と一緒に入れておけば擦れてしまいます。紙幣は紫外線や湿気などで劣化してしまいますし、指で触れれば皮脂がついてしまい、そこから劣化することもあります。 -どんな古銭でも洗浄したら価値

日本のお札の歴史②

前回は明治期のお札に描かれた人物を紹介しましたが、今回は大正から昭和中頃までのお札の肖像画となった人物たちを紹介したいと思います。 この時代の肖像に新しく選ばれたのは、「聖徳太子」、「日本武尊」「楠木正成」、戦後に「二宮尊徳」「板垣退助」「岩倉具視」「高橋是清」「伊藤博文」・・・となります。 戦中は軍事一色の世の中であったため「日本武尊」(古代日本の皇族・古代史上の伝説的英雄)「楠木正成」(南北朝