額面価格の倍以上の高価値?!プレミア紙幣とは

コインに穴ズレ・穴なし50円玉等「エラーコイン」と呼ばれるプレミア貨幣があったのと同様に、紙幣にもプレミアと呼ばれるものがあります。今日はそれを紹介します。皆さんのお財布にももしかしたらあるかもしれませんよ。

①エラー紙幣(印刷ミス・福耳)

造幣の段階でプリントが上手くいかずに本来の位置からずれてしまったり、上下さかさまに印刷されてしまったりしているものをいいます。

通常紙幣は表と裏両面にそれぞれ異なった印刷がされますが、片方の面に誤って両面印刷されるものなども存在します。(二重印)

②福耳

福耳付きとも呼ばれる紙幣はプレミア紙幣の中でも特に珍品とされるレア紙幣です。

造幣局での紙幣発行時に余白部分が完全に裁断されないままチェックを通過し流通してしまった紙幣で、現在は技術が進み福耳付きはほぼないとされます。


③ゾロ目(珍番)

お札に番号があるのはご存じだと思いますが、この番号によってもプレミアがつきます。

例えば「ゾロ目」と呼ばれる連なった桁数の数字の紙幣があります。古銭コレクターの間で特に珍品とされ重宝される紙幣で、ゾロ目の中でも1・2・7・8などの数字が並びになった番号のものが希少性が高いとされています。また、123456のように階段になっているものも希少です。


今回いくつかプレミア紙幣になる条件を挙げさせていただきました。皆さんのお財布もぜひチェックしてみてくださいね。

35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた