• terada

昭和61年後期型10円玉持っている??

今回は今皆さんが使っている10円玉でプレミアムがつく特別な「昭和61年後期10円玉」についてのお話です。弊社が取材協力したテレビ番組でもこれまで何度がご紹介させていただきました。昭和61年は前期型、後期型があり後期型は「手変わり品」とも呼ばれています。同年中にデザインが変わることはとても珍しいことで、後期型は大蔵省発行のプルーフセットでしか発行されていないので本当に珍品クラスの物になりました。そのため、今でも大変貴重なものとしてプレミアム価格がつきます。※昭和61年前期型はプレミアムがつきません。

見分けるポイントとして、10円玉裏面平等院鳳凰堂の階段を囲む線のデザインがあります。写真右のように階段の淵がつながっているデザインが後期です。ただし、肉眼で見分けるのは難しいためループ等で確認するのがいいかと思います。

【画像提供 「この差ってなんですか?」】

気になる方はお財布の中を確認してみては??!


2,181回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた