• terada

昭和61年後期型10円玉持っている??

今回は今皆さんが使っている10円玉でプレミアムがつく特別な「昭和61年後期10円玉」についてのお話です。弊社が取材協力したテレビ番組でもこれまで何度がご紹介させていただきました。昭和61年は前期型、後期型があり後期型は「手変わり品」とも呼ばれています。同年中にデザインが変わることはとても珍しいことで、後期型は大蔵省発行のプルーフセットでしか発行されていないので本当に珍品クラスの物になりました。そのため、今でも大変貴重なものとしてプレミアム価格がつきます。※昭和61年前期型はプレミアムがつきません。

見分けるポイントとして、10円玉裏面平等院鳳凰堂の階段を囲む線のデザインがあります。写真右のように階段の淵がつながっているデザインが後期です。ただし、肉眼で見分けるのは難しいためループ等で確認するのがいいかと思います。

【画像提供 「この差ってなんですか?」】

気になる方はお財布の中を確認してみては??!


54回の閲覧

最新記事

すべて表示

伊豆大島に沈む慶長小判の謎

先月まで東京都国立博物館・特別展で開催されていた「掘り出された江戸の金貨」で展示されていた慶長小判、実は伊豆大島の海底で見つかったものです。 昭和32年2月、伊豆大島・岡田地区の勝﨑沖で漁をしていた漁師が海底約20mの水深から黄金に輝く慶長小判を引き上げたのです。その後、周辺海域から慶長小判103枚、一分金63枚を発見。伊豆大島の埋蔵金伝説として語られました。伊豆大島は江戸時代より物流航路の拠点と