• terada

二千円札の中でもプレミア付く「J-L券」の正体とは?!

先週に引き続き、プレミア紙幣のご紹介です。

2000年、沖縄サミットを記念して発行された二千円札。この中でも「J-L券」と呼ばれるプレミア紙幣が存在するのをご存じでしょうか。

以前、マイナビウーマンでも取材協力させていただきましたが、今回は改めてこの「J-L券」をご紹介いたします。

前回のブログにも書きましたが、お札には数字の列が二か所に記載されています。本来同じ数字でなければならないのですが、よくみるとこの「J-L券」上下で違っています。

上の方の先頭のアルファベットが「J」で、下の先頭のアルファベットが「L」になっているエラー紙幣です。そのため「JL券」と呼ばれます。





このエラーについては、大量に刷ってしまったらしくて当時造幣局が謝罪のコメントを出しました。もっともその後「ほとんど回収しました」ってことらしいんですが。今でもひょっとしたらあるかもしれません。


61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた