• terada

世界一美しい銀貨 ゴシッククラウン銀貨

「銀貨の王様」と言っても過言ではない大型銀貨の代名詞にもなる“ゴシッククラウン“銀貨。なぜ王様と呼ばれるのか?その理由の一つは希少性です。1847年にヴィクトリア女王の即位10周年を記念して1年だけ発行され、発行枚数はわずか8000枚。1853年に追加発行されるも、その数僅かなため、まさに幻のゴシッククラウン。ほとんど市場にでてきません。

そしてもう一つの理由は、デザイナーウィリアム・ワイオンの存在です。ウナとライオンもデザインした彼によりヴィクトリア女王が描かれています。

このヴィクトリア女王ですが、英国の女王として、64年にわたる歴代国王中最長の治世を行い、帝国のもっとも輝かしい時代を築きました。ヴィクトリア女王の肖像を描いたコインは、英本国だけでなく、オーストラリア、英領ギアナ、マルタ、カナダ、ニューファウンドランド、ニューブランスウィック、プリンス・エドワード島、セイロン、ノーヴァスコシア、キプロス、東アフリカ、英領ホンジュラス、香港、インド、ジャージー、モーリシャス、ジャマイカ、海峡植民地などで独自のものが使用されていますが、本国では、このゴシック・クラウンのような美しいコインに肖像を描いたことで知られると同時に、長い治世だったため実際の年齢よりははるかに若い肖像のコインが通用していたことでも有名です。

直径 約38mm

質量 約28.2760g







159回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた