正徳一分判金 4.5g

正徳一分判金 4.5g

SKU: 11833
¥500,000価格
  • 裏面に年紀銘を表す極印はない。表面の極印は、「一分」の「一」文字の末尾が圏点を突き抜けているのが特徴である。裏面に打刻された「光次」極印については、小判と対応する。

    なお、正徳一分判金の伝存品には、裏面に両替商の験極印とは明らかに大型の丸に「上」、丸に桐の極印が打刻されたものが散見できる。これは小判同様、享保金と品位を等しくするため足金を施したものに打刻された験極印とみなされる。

    わずかな期間しか鋳造されていなっかったことから現存数が大変少なくなっている。

     

    品位 金846.1 銀153.9

    量目 4.46g