明和五匁銀 大型 組合鑑定書付

明和五匁銀 大型

SKU: 10155
¥400,000価格
  • 明和二年9月鋳。勘定奉行である川合次郎兵衛久敬の発案と言われ、銀の定位定量貨幣化、さらに進んで金貨の代用貨幣とするという革命的なものである。銀60匁を金一両とするという、公定価から割り出されたものであるが、実際の相場は、さらに銀安であったために、結局成功せず数年にして廃貨となった。

    量目 18.75g

    銀位 460