top of page
  • terada

高額切手「赤猿」とは?

更新日:2021年8月19日

日本で、年賀切手があるように、中国にも年賀切手があります。年賀切手とは、日本と同様に正月の時期に発行される特殊切手です。年賀切手は日本だけでなく、中国、韓国、台湾など、年賀状の文化がある国で発行されています。中国(中国郵政)で初めて年賀切手が生まれたのは1980年で、その際に発行されたのがこの「赤猿(子ザル)」と呼ばれる切手です。発行数も少なかったため、発売当初から高値が付いていました。またこの時代は文化大革命の影響で、切手の収集や海外輸出が禁止されていました。そのような背景より希少価値が高く、現在プレミアが付いているのです。

猿がデザインされているのは、当時の干支であったからとの理由です。金粉がまぶされた革新的なデザインで、毛並も一本一本がわかるほどに詳細に描かれております。


【赤猿の商品ページはコチラ



閲覧数:171回0件のコメント

関連記事

すべて表示

先月まで東京都国立博物館・特別展で開催されていた「掘り出された江戸の金貨」で展示されていた慶長小判、実は伊豆大島の海底で見つかったものです。 昭和32年2月、伊豆大島・岡田地区の勝﨑沖で漁をしていた漁師が海底約20mの水深から黄金に輝く慶長小判を引き上げたのです。その後、周...