• terada

虎のデザインがかわいい「水戸虎銭」

表に虎の絵が描かれているこちらの銭は幕末の水戸藩が鋳造した地方貨幣です。幕末、日本には200余の藩がありましたが、どの藩も家計は苦しかったようです。あの手この手で収入を増やそうとしましたが、藩独自の貨幣発行もそのひとつです。水戸藩は、桜田門外の変など幕末の事件をいくつか起こしておきながら、藩論が統一されず、明治維新そのものには大きな役割を果せませんでした。この虎銭は慶応3年(1867)、その銭座の職人への支払い用に100文として発行し、その後市中で50文として使用させたものだそうです。 背の文字は「富国強兵」です。 水戸学では攘夷論、外国との対抗の必要性が強く唱えられてきましたので、貨幣にもこの「富国強兵」という字句が使われたのでしょう。



10回の閲覧

最新記事

すべて表示

伊豆大島に沈む慶長小判の謎

先月まで東京都国立博物館・特別展で開催されていた「掘り出された江戸の金貨」で展示されていた慶長小判、実は伊豆大島の海底で見つかったものです。 昭和32年2月、伊豆大島・岡田地区の勝﨑沖で漁をしていた漁師が海底約20mの水深から黄金に輝く慶長小判を引き上げたのです。その後、周辺海域から慶長小判103枚、一分金63枚を発見。伊豆大島の埋蔵金伝説として語られました。伊豆大島は江戸時代より物流航路の拠点と