栄一が発行にかかわったお金

更新日:2021年8月19日

現在放送の大河ドラマ主人公で、新しい日本銀行券の肖像にも選ばれた渋沢栄一。彼が発行に携わったお金を二つご紹介します。

【一橋家家臣時代】

一橋領 御産物木綿預手形



一橋家に仕えた栄一は、財政を立て直すため領地をめぐり、播磨の

特産品である木綿に注目しました。

良質の木綿を生産者から高く買い、大阪・江戸で直接販売することを考え、一橋産物会所を今市村(現兵庫県高砂市)に開設。

地域で使えるお札(木綿預手形)を発行し、それを資金に仲買が木綿売買をしやすくなるようにし、地域経済の活性化および財政の立て直しをはかりました。





【明治時代初期】

国立銀行紙幣 第一国立銀行 1873年



栄一は明治初期に大蔵省で国立銀行制度の構築に尽力し、その過程で国立銀行紙幣の図柄の選定にも関与しています。しかし国立銀行制度ができた翌1873年に官を辞し、日本発の近代的な「銀行」となった第一国立銀行の経営を担います。栄一は当初第一国立銀行の「総監役」に就任し、頭取は出資していた小野善助と三井八郎右衛門が務めましたが、1874年の小野組破綻により、1875年に栄一が就任しました。

国立銀行紙幣には頭取名が刷られており、後から栄一の名が朱書きで加筆修正されました。

閲覧数:105回0件のコメント

関連記事

すべて表示

前回は明治期のお札に描かれた人物を紹介しましたが、今回は大正から昭和中頃までのお札の肖像画となった人物たちを紹介したいと思います。 この時代の肖像に新しく選ばれたのは、「聖徳太子」、「日本武尊」「楠木正成」、戦後に「二宮尊徳」「板垣退助」「岩倉具視」「高橋是清」「伊藤博文」...

​お気軽査定。

Young asian woman using a smart phone..jpg

​古銭・切手

​雑誌・TV
多数紹介

​㈱新橋スタンプ商会

株式会社 新橋スタンプ商会
​〒105-0004 東京都港区新橋2-5-3大村ビル3階(JR新橋駅日比谷口徒歩3分)
​TEL:0120-478-548(10:00~17:00 ※日祝お休み)

​スマートフォンの方はタップすると直接つながります

新橋.png

新橋スタンプ商会 オンライン通販はこちら

新橋スタンプ商会オンラインは、世界のコイン・切手を取り扱うオンラインショップです。
​ここでしか手に入らない稀少なコインを取りそろえています。新入荷商品も随時更新中です!