昭和62年の50円玉の価値が高い理由って?

弊社も取材協力で、プレミアがつく硬貨をいくつか紹介してまいりましたが、今回はその中でも昭和62年の50円玉について紹介します。

50円玉硬貨は他の硬貨に比べ必要数に対して流通量過多の状態であったことにより昭和57年以降徐々に発行枚数が減っていました。 その中でも昭和62年は約77万5千枚という通常と比較すると数百分~千分の一以下の発行枚数に留まっています。 77万5千枚って少ないの?と思いますが翌年は1億枚以上発行されていますのでかなり少ないことがわかります。

しかも、発行された50円硬貨はミントセット用かプルーフ貨幣セット用のみで一般流通分はゼロです! つまり貨幣セットとして発売されたものを開封してバラさない限り50円玉は存在しないのです。 その為、通常よりも貨幣セット自体の価値も高くなっています。



64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

旧5円金貨 明治12年の謎

古銭の価値は発行枚数(現存枚数)と、その状態によって左右されます。そこでその発行枚数を調べるときに参考するのが、日本貨幣商協同組合発行の「日本貨幣カタログ」です。旧5円金貨を調べると明治3年からはじまり30年まで発行されていることがわかりますが明治12年は抜けています。ただし注釈で、「明治12年銘がある。」と書かれています。 その理由ですが、過去に1枚だけ、明治12年銘の5円金貨が見つかっているた