昭和62年の50円玉の価値が高い理由って?

更新日:2021年8月19日

弊社も取材協力で、プレミアがつく硬貨をいくつか紹介してまいりましたが、今回はその中でも昭和62年の50円玉について紹介します。

50円玉硬貨は他の硬貨に比べ必要数に対して流通量過多の状態であったことにより昭和57年以降徐々に発行枚数が減っていました。 その中でも昭和62年は約77万5千枚という通常と比較すると数百分~千分の一以下の発行枚数に留まっています。 77万5千枚って少ないの?と思いますが翌年は1億枚以上発行されていますのでかなり少ないことがわかります。

しかも、発行された50円硬貨はミントセット用かプルーフ貨幣セット用のみで一般流通分はゼロです! つまり貨幣セットとして発売されたものを開封してバラさない限り50円玉は存在しないのです。 その為、通常よりも貨幣セット自体の価値も高くなっています。



閲覧数:3,878回0件のコメント

関連記事

すべて表示

​お気軽査定。

Young asian woman using a smart phone..jpg

​古銭・切手

​雑誌・TV
多数紹介

​㈱新橋スタンプ商会

株式会社 新橋スタンプ商会
​〒105-0004 東京都港区新橋2-5-3大村ビル3階(JR新橋駅日比谷口徒歩3分)
​TEL:0120-478-548(10:00~17:00 ※日祝お休み)

​スマートフォンの方はタップすると直接つながります

新橋.png

新橋スタンプ商会 オンライン通販はこちら

新橋スタンプ商会オンラインは、世界のコイン・切手を取り扱うオンラインショップです。
​ここでしか手に入らない稀少なコインを取りそろえています。新入荷商品も随時更新中です!