top of page
  • 執筆者の写真terada

小判の中で最高価値といわれる「佐渡小判」

更新日:2021年8月19日

享保小判の発行期間は、正確にはわかってはいないのですが正徳4年(1714)~約2年間とされます。 一つ前の正徳小判の質の低下が問題視され、小判に含まれる金の量を増やそうとする動きで造られ始めたのが享保小判金です。 享保小判の中でも、佐渡の金座で鋳造されたものは佐渡小判あるいは佐字小判と呼ばれ、裏面に「佐」の字が刻印されています。1枚約18グラム、金86%の品質のいい小判で、小判の中で最も価値の高いものとされています。


閲覧数:2,171回0件のコメント

関連記事

すべて表示

古銭の価値を下げないための保管方法

古銭を高く売りたいのであれば、きれいな状態を保つことが大事なはずだと誰もが思うことでしょう。 保管時には以下の点に注意して保存しなければいけません。 記念硬貨やコインは空気に触れれば酸化して変色してしまいますし、他の古銭と一緒に入れておけば擦れてしまいます。紙幣は紫外線や湿...

Comments


​お気軽査定。

Young asian woman using a smart phone..jpg

​古銭・切手

​雑誌・TV
多数紹介

​㈱新橋スタンプ商会

bottom of page