top of page

【古銭買取 貿易銀編】

更新日:2023年11月4日

今回から日本の古銭の買取相場・真贋判断についてご紹介していきます。お手持ちの古銭はどれくらいの価値があるのか、そもそも本物なのか?、またこれから収集される方が偽物を買わない為に参考になればと思います。

第1回目は「貿易銀」です。現在も人気の高い日本の銀貨の一つですが、美品であれば7.8万円以上の買取となります。

貿易銀とは?

貿易銀は、明治8年から明治10年の3年間のみ作られていた銀貨です。表面には貿易銀の文字と、菊の紋章、桐の葉が描かれています。裏面は竜図が描かれます。その名の通りもとは海外との貿易用に造られた銀貨でした。しかし銀の含有量の多さから取引先の海外で溶かされたこともあり残存数が少なく稀少な硬貨となっております。

貿易銀の種類と価値について

さきほど申し上げたとおり貿易銀には明治8・9・10年銘が存在します。年号によって買取額はさほど変わりませんが、10年銘が若干高くなります。その他、デザインが若干異なる手変わり品はプレミアがつきます。中でも大桐とよばれる、表面の桐葉が大きいデザインのものは数百万円での買取となります。矢印の葉を見比べると右(2枚目)の葉の方が大きく上下の葉に接しています。この右(2枚目)の貿易銀が大桐とよばれる超レア品です。

貿易銀大桐

貿易銀の偽物について

残念ながら贋作は非常に多く存在します。弊社にある参考品と本物を見比べてみますので参考にしてみてください。

①まず必ず重さを測ってください。日本貨幣カタログ記載の重さは27.22gです。偽物はというと、20.73g・・。多少の誤差はありますが、こちらは明らかに軽いです。

貿易銀の重さ

②デザインを見てみます。いくつか見分けるポイントがありますが、一番わかりやすいのが「貿易銀」の書体です。本物はトメハネがしっかりとしているのに対し、偽物はずるっとしており、トメハネも甘いです。

他にも多くの要素があったり、重さが27.22gぴったりの偽物も存在します。真贋についてはプロの鑑定士に見てもらうようにしてください。

貿易銀真贋

貿易銀の保管について

貿易銀に限らず、銀貨を磨くことは絶対にしないでください。一気に価値が下がってしまいます。

今回の貿易銀はもちろん、手元に古銭等ございましたら是非一度お尋ねください。一点一点丁寧に査定させていただきます。その他、古銭買取に関して知りたいことやリクエスト等があればお気軽にメッセージをいただければと思います。



閲覧数:871回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


​お気軽査定。

Young asian woman using a smart phone..jpg

​古銭・切手

​雑誌・TV
多数紹介

​㈱新橋スタンプ商会

bottom of page