top of page

「第64回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」展示即売会(専門家による無料鑑定・買入同時実施)

更新日:2023年11月28日


第64回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり

世界のコイン・切手展示即売会「世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」が今年も東京有楽町交通会館で2023年12月1日(金)から3日(日)まで開催します。入場無料。 国内外専門店38社が出店予定。世界各国のコインや切手、プレミアの付くテレホンカードまで多数のコレクションを一度にご覧いただけます。入場料:無料

近年現物資産として注目されるアンティークコインの世界

アンティークコインとは、一般的に100年以上前に発行されたコインで、時の王様の肖像が描かれる金貨・銀貨、日本の大判・小判まで、その総数は数十万種にも及ぶとされています。そのコインをみると、各国の歴史、文化が反映されており、高い芸術性、稀少性を兼ね備えたアンティークコインは、古美術同様に高い資産性を生むものとして、注目されております。


ゴチッククラウン

【ゴチッククラウン銀貨】

大英帝国を築き上げたヴィクトリア女王の描かれるコイン。その美しさから「世界一美しいコイン」として多くのコレクターを魅了します。

江戸小判

【江戸の小判】

左から元文小判金(1736年~)・文政小判金(1819年~)・天保小判金(1837年~)

江戸の小判は、慶長小判から始まり大きく分けて11種類存在します。造られた時代の財政状況により大きさや重さ、金の含有量が異なります。

そのほかに会場内ではプレミア切手とよばれる、およそ昭和30年より前に発行されたレアな切手や、アイドルやアニメのテレホンカードも多数ご用意しております。

同催事は、日本貨幣商協同組合・日本郵便切手商協同組合後援、世界のコイン・切手が一堂に会するイベントとして年に二度(毎年6月・12月)開催され今回で64回を迎えます。

尚期間中は会場内に「無料・買入コーナー」を開設します。当催事出店社は買取専門店でありませんので、専門家鑑定士による丁寧な鑑定や買入の相談を安心してご利用いただくことができます。(最終日は14時最終受付。買取の際には身分証明証が必要となります。)


期間:

2023年12月1日(金) 12:00~18:00

2023年12月2日(土) 10:00~18:00

2023年12月3日(日) 10:00~16:00(最終入場は15時まで。早めに片付けが始まりますので、ご入場にはご注意下さい)

会場:

有楽町交通会館12階カトレアサロン

〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1

アクセス:

JR線 JR山手線・京浜東北線:有楽町駅(京橋口・中央口(銀座側)) 徒歩1分

地下鉄 有楽町線:有楽町駅〔D8〕 徒歩1分

有楽町線:銀座一丁目駅〔2〕 徒歩1分

丸ノ内線:銀座駅〔C9〕 徒歩3分銀座線:銀座駅〔C9〕 徒歩3分

日比谷線:銀座駅〔C9〕 徒歩3分

千代田線:日比谷駅〔D8〕 徒歩8分

都営三田線:日比谷駅〔D8〕 徒歩5分


閲覧数:338回0件のコメント

Comments


​お気軽査定。

Young asian woman using a smart phone..jpg

​古銭・切手

​雑誌・TV
多数紹介

​㈱新橋スタンプ商会

bottom of page