財務省放出 旧1円金貨 明治4年後並品

財務省放出 旧1円金貨 明治4年後並品

¥80,000価格
  • 我が国近代の硬貨で最初の金貨は明治4年に発行された20円、10円、5円、2円、1円の五種類である。五種類の図案は、当時の名彫金家・加納夏雄の手になるもので、表面が龍図、国名、発行年号、額面、裏面は中央に菊紋、日輪、周囲に菊花、桐紋、錦旗を配してある。龍図は「龍顔うるわし」という故事に基づいたもので、天皇を象徴しているのである。この図案は海外からも高い評価をうけた。

    しかし、金貨は発行当時から海外に相当量流出してしまい、今日でも珍品級のものはほとんど海外から入手されてくる。特に1円、2円の小型の金貨が少ない。

    旧1円金貨

    量目 1.66g

    直径 14ミリ(明治5年11月に直径のみ12.12ミリに縮小)

    品位 金900 銅100