top of page

盛岡八匁銀判 29.9g

SKU: 13212
¥210,000価格
消費税込み
  • 盛岡八匁銀判は、慶應4年(1868年)に鋳造開始された幕末の領国貨幣です。慶應4年(1868年)、盛岡八匁銀判は幕府が倒された後、新政府軍と旧幕府軍とが戦った「戊辰戦争(ぼしんせんそう)」の末期に発行されました。、数年後に施行された明治政府による貨幣改革(新貨条例)で貨幣制度が一新されたので、盛岡八匁銀判は、鋳造されたもののほとんどは流通しませんでした。

※画像を選択すると拡大表示されます

関連商品