甲州二朱金 忠 組合鑑定書付

甲州二朱金 忠

¥220,000価格
  • 武田氏によって天正年間に鋳造された甲州金は地方貨としての最初のものである。一般に通用したものは、一分、二朱、一朱、朱中の四種である。新これらの製作は非常に幼稚で、金を溶解して吹いて丸形になったものに、そのまま極印を押したのが露一両、それをさらに平らに延ばして円形にしたのが一分判、二朱判、一朱判である。武田信玄は当時としては貨幣制度に長けていたので、自国の産金をもって甲金として、戦時の賞賜として部下に与えたのである。この甲金が金貨幣の定量貨幣としての最初のものとされる。

    武田信玄の領国で通用した金貨と、その幣制度を引き継ぎ、江戸時代に公認された地方通貨で、かつ甲斐一国で通用した金貨とを併せて甲州金という。