top of page

正徳小判金 本井

SKU: 13492
¥2,850,000価格
消費税込み
  • 江戸の小判の中でも、その稀少性から最も取得が難しいとされる小判となります。

    新井白石の正徳の治の際に、鋳造された小判となります。

    製造期間はわずか4カ月と非常に短く、また次に発行された享保小判金に鋳つぶされたのも多かったことが原因で、稀少性が高くなっています。

    金品位を慶長金と同等にしたため高品位独特の黄金色が美しい小判です。

    恐らく収集家にとって「最後の一枚」となると思われます、稀少な小判金となります。

     

※画像を選択すると拡大表示されます

関連商品