新20円金貨 明治30年 16.7g

新20円金貨 明治30年 止明

SKU: 12036
¥260,000価格
  • 新20円金貨は明治30年の貨幣法により制定された金貨で、昭和初期まで流通した。標記額面と実質価値に差がない本位金貨として、34年間にわたって発行され続けたが、世界恐慌とそれに伴う日本経済の混乱の中で、金本位制が崩壊し、それ以降日本では本位金貨が発行されることはなかったため日本で最後の本位金貨とされる。明治30年には、跳明と止明のタイプがあり、現品は「明」の4画目が跳ねていない「止明」タイプ。

    量目 16.67g

    直径 28ミリ

    品位 金900 銅100