慶長小判金 前期利当

慶長小判金 前期利当

SKU: 11686
¥1,100,000価格
  • 徳川幕府が成立してから最初の小判。金品位1,000分の863と高品位で、江戸期を通じてもっとも立派な小判ということができる。

    表面には鏨目が横4ないし5列で上部から下部にかけて刻まれ、中央上部に「壹両」の二文字を長方形の枠で囲んだ極印が、同下部に「光次」を長方形に囲んだ極印が、上下端には扇枠に桐紋が配された極印が一個ずつ打刻される。裏面中央には丸枠に光次の公家風花押の押印が、下部の左ないし右端には極印・験極印が押される。(ないものもある)

    茣蓙目の密なるものは初期のもので、楕円の長径がいくぶん長い。裏面座人の極印は向って右または左下隅に打たれているが、元禄以降は左側打ちに定着しているから、右側に打たれているものの方が古いことが知られる

    品位 金863 銀137