寛永通宝 鳥屋文

寛永通宝 島屋文

¥500,000価格
  • 新寛永銭は寛永8年(1668)江戸亀戸村において幕府直轄にて鋳造したのが始まりで、その後明治2年(1869)までの200年間庶民の銭として親しまれ、日本各地にて造られ使用されました。現品の島屋文は寛永期はじめに鋳造されたとして名品です。島屋文の大きな特徴として、「通」字のマの部分が、「ユ」になった「ユ頭通」です。(ほかの文銭は「コ頭通」)