お持ちの古銭の買取価格が気になる方は、
お気軽にご相談ください

今すぐお電話で

0120-478-548

日祝お休み/受付時間10:00~17:00

古銭の買取相場一例
大判・小判から和同開珎等の穴銭、朱銀・判金といった古金銀とたくさんの種類があります。尚人気が高く高騰している古銭はより高い買取金額を提示いたします。ぜひ一度拝見させてください。

08311755_5f4cbb089f178.jpg

天正大判金

​豊臣秀吉が鋳造を命じた大判であり、日本で初めての大判と言われています。非常に価値のある大判の為買取相場は数十万~です。

02221805_5c6fbb69998e6.jpg

慶長大判金

江戸初期より発行された大判で、徳川家康による天下統一を象徴する貨幣として有名。約8種に分類され、中でも慶長笹書大判金であればかなりの高額が見込めます。

02221809_5c6fbc45a745a.jpg

元禄大判金

1695年に発行された大判。金の含有率が下がるため白っぽい印象ですが、現存数が少ないため買取額は数十万円程度。

02221809_5c6fbc2c04817.jpg

正徳一分判金
 

正徳一分判金は流通期間がわずか4カ月しかなく特に高い稀少価値が認めらています。そのため買取額は数十万円に及ぶこともあります。

01131406_5e1bfad28aa45.jpg

​丁銀・豆板銀
 

秤量貨幣として数百年使用された貨幣。小判らと同じく鋳造された時代により買取額は異なりますが、数万円に及ぶものもあります。

DSC00641.JPG

中国古銭
 

​日本の古銭の他、中国の古銭も高額で買取します。ただし贋作も非常に多い為専門家による真贋判定が必要です。

08311802_5f4cbc9a8969b.jpg

元禄小判金
 

ほとんどが鋳つぶされ、現存数はわずかとされます。江戸時代で最も稀少な小判金です。そのため買取相場数十万以上とされます。

02191519_54e580748cf14.jpg

慶長一分判金
 

慶長大判・小判とともに家康が鋳造しました。今も人気は高く、買取相場も他の判金に比べ圧倒的に高くなります。

10041707_59d496c6d7dda.jpg

元禄一分判金
 

​小判同様、江戸時代で最も残存数が少ない幻の金貨です。そのため、買取額も数万円以上に及びます。

08311758_5f4cbbcb4c746.jpg

享保大判金

​1725年発行された大判。表に書かれた文字が発行当初のままで(書き改められていない)状態がいいものほど高額買取となります。

02071339_5c5bb67525a49.jpg

万延大判金

江戸時代最後の大判金。これまで大判は報奨等の目的で利用されましたがこちらは通貨としても利用されました。買取額は数十万円程度。

02191523_54e5815b409de.jpg

慶長小判金

金の含有率が他の小判より高く、江戸初期の小判であるため価値が非常に高いです。買取相場は数十万円以上に及びます。